Menu

シンメトリー

この技法は、シンプルでエレガントな雰囲気でシンメトリーは美しいといわれます。

シンメトリーとは「左右対称·反転」という意味です。デザイン制作においては、対象物の中央に反転の軸となる仮想のラインや点を配置し、その軸を中心に各要素を対称的に配置する技法のことを指します。対称性のあるものは人の目には「規則性のある図形と認識されるため、人は無条件に美しいと感じてしまいます。そのため、教会や宮殿などの伝統的な建築物をはじめ、家電などにも多く利用されています。シンメトリーの構図は左石の余白を均等にすると、安定感のある静的な印象の紙面になります。そのため、この技法は格式·伝統·クラシカルといった印象のデザインに適しているといえます。

シンメトリーは、紙面中央に垂直の軸がある「左右対称」、いわゆる中央揃えが一般的です。この構図を活かすポイントは、適度な余白を作ることです。配置する要素が多すぎたり、要素を大きく配置しすぎたりすると、圧迫感を感じる窮屈な印象になってしまいます。また、配置する要素が少なすぎても対称性は演出できないので注意してください。