Menu

目線の動き

平面を見る際、人の視線には決まった動きがあります。これは、紙面でも画面でも同じです。人は並んでいる物を1つ1つ目で追いながら認識していくため、視線の動きは1つの線になり、その線が とまって、最終的には面になります。そのため、デザインを制作する際は「視線の動き」を考慮して、面(レイアウト)を考えること。が不可欠です。では、紙面を見るとき人の視線はどのように動いている:のでしょうか、横組の冊子などは「左開き」になるので左上から右下へ 「Z型」に移動します。·縦組の冊子の場合は「右開き」になるので、右上から左下へとTN型に移動します。この視線の動きを上手に利用してレイアウトを検討すれば、より確実に制作者の意図を読み手に伝えることができます。 また、読み手にとっても.迷うことなく情報を読み取ることができます。 そもそも紙面を制作する目的は「何らかの情報を読み手に伝えること」なので読み手の視線誘導はデザイン制作においてとても大切です。