Menu

1/3の法則

1/3の法則とは、紙面を三等分し、それぞれの基準線や各エリアを基準にして要素を分けたり、目立たせたいポイントを配置したりすることで、全体のバランスをとるレイアウト技法です。1/3のうちの2つの空間を1つとして捉えた1:2の図にすることで安定感のある紙面を作ることができます。また、紙面を分割するためだけでなく、デザインポイントの配置位置を決定する際にも役立ちます。デザインポイントとなる要素を配置する際に、分割線や分割さた各エリアを参考にすると、自ずとバランスのとれたラザインに仕上がります。この技法は紙面の縦横比率に関係なく、三等分するけですぐに応用できるので、覚えておくと良いでしょう。