Menu

Month: July 2018

RFM分析

1960年代アメリカでメール·オーダー(通信販売)のレスポンス率を上げるために開発され、広がったデータ分析手法の一つです。まず、下記にある3つの指標に対して、顧客のランクを5段階でそれぞれ評価をつけていきます。 そして、3つの指標に対して数値の高いグループ(R5 . F5-M15)を「優良顧客」とし、数値の低い下位グループを「一般顧客」や「見込客」などに分類します。一般的にはR(最終購入日)の指標が優先されますが業種業態によって独自の指標でグルーピングを行い、それぞれのグルーピングされた顧客グループに対して異なったアプローチを行っていきます。近年は、個別印刷技術の発達によって、これまでのグループごとのアプローチだけではなく、さらに一人ひとりといった細かな個別アプローチとしてコピーやビジュアㇽも大事です。