Menu

読み続けさせる表現方法

0 Comment

読み続けるか、読み飛ばすかを決める重要要素として見出しの表現があります。見出しがない場合、本文を読まない限り情報は全く入ってきませんが、見出しがあれば本文を読む前に、そこに何が書かれているのかをある程度予測することができます。見出しはある程度目立たせる必要がありますが、目立ちすぎると全体のデザインを崩してしまうのにもつながります。適度に目立ち、かつ可読性の高いデザインになるように心掛けることが大切なのです。見出しを適度に目立たせる方法には「文字を太くする」「文字を大きくする」「罫線で囲む」「色を変える」などがあります。見出しを目立たせる方法である、いくつかの具体例を下に掲載しておきますので、制作物の内容にあった方法を検討してみてください。

・文字を太くする

・文字を大きくする

・罫線で囲む

・色を変える

・一部の文字をデザイン要素化する

一緒に、本文の揃え方についても説明しておきます。本文のデザイン方法には大きく「右揃え」「左揃え」「中央揃え」「均等配置(最終行左揃え)」の4種類があります。日本語の文章を制作する際の基本は均等配置(最終行左揃え)です。均等配置にすると、紙面全体を眺めた際に文章部分が四角い文字ボックスとして強調されるため、整った印象になります。

左揃えと均等配置は一見すると似ていますが、行末の扱いが異なります。左揃えでは文字ボックスの右側が揃いませんので、文字ボックス全体を見ると、ガタガタとしてしまい、まとまり感のある印象にはなりません。そのため、デザイン的な効果を狙う場合を除き、日本語の文章は均等配置でデザインすることを基本として覚えておくことが大切なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *